総量規制対象外は未来への投資なのか、苦し紛れの切り札なのか。

お金を借りる理由が、例えば、起業をした人が、当面利益が上がるまでに必要な初期費用としてお金を借りる。ということであれば、人生のギャンブルではありますが非常にポジティブな借金だと思います。自分への投資ですから。

ただし、本当にお金がない、毎日節約もしていたけど、予想外の出費もあり、今月は本当にお金がない。あとほんの5000円だけあれば何とかなったのに。銀行(総量規制対象外)にももう3桁しかお金が残っていない。そんな理由でATMにクレジットカードを入れ、泣く泣く1万円を借りる。これはネガティブな借金です。未来がありません。来月、再来月は大丈夫だなんていう保証はどこにもありません。

私は残念ながら後者です。一日の食費をどれだけおさえようとも、そのような月があります。

借りるのは、クレジットカードでATMです。やはり、お金を借りる行為って、後ろめたく、恥ずかしいものですから。
そこで、今後しっかり頑張って、二度とこのような事がないというのであれば、人から借りるのもそこまで後ろめたくないでしょうね。

なかなか稼ぎ口というものは、お金が無いときに限ってないものですが、頑張らないといけませんね。